薬局のサービス活用術

あなたも、「オンライン医療」で、時間を有効に使いませんか

医師からの診察や、薬剤師からのお薬の説明を、テレビ電話システムなどを利用して受けること、
これらをそれぞれオンライン診療・服薬指導といいます。

ここ1〜2年でオンライン診療・服薬指導を活用した「オンライン医療」が一般にも浸透してきました。

コロナで進んだ医療のオンライン化

2020年4月、新型コロナウイルス感染症の流行が始まりました。

そのため、診察やお薬の説明を電話やテレビ電話システムを利用して受けられるようになっています。

発熱や風邪症状のため医院の先生に電話で相談すると、
検査キットが届き、その検査結果から感染症のお薬が、
自宅に居ながらにして処方され、さらにそのお薬の説明を薬局から電話で受けられる…

こういった受診の流れが、コロナ以後、身近で見られるようになってきました。

オンライン医療はトラブル少なく、プライバシーも守られる

2021年、この新しいオンライン制度の検証調査が行われました。
その結果、オンラインでの医療と、これまでの対面の医療とで、よい点・改善すべき点が見えてきました。

調査によると、診療所の27.9%が、この特例によるオンライン診療を行っていました。
このうち、79.4%が特段のトラブルはなかったと答えました。
また薬局では76.6%がこの特例による処方箋を受けていました。
オンラインでのお薬の説明について、薬剤師が感じるメリットはプライバシーが守られることでした。

参考:第2回薬局薬剤師の業務及び薬局の機能に関するワーキンググループ 資料3-1(厚生労働省サイト)

あなたの端末がオンライン医療の窓口に

「健診で生活習慣病を指摘されて、一度は思い切って受診した。
続けて受診をしようと決意したのに、あるとき仕事の都合で受診できなかった。
そのあとなかなか、行きにくくなっていて…」

仕事や子育てに忙しい世代には、あるあるなお悩みですよね。

そんな忙しい世代でも、ほんの15分オンラインの時間なら!
いつもの空間から途切れることなく健康維持できる選択肢、それがオンライン医療です。

まずはかかりつけの医療機関にオンライン診療が受けられないか相談してください。
オンライン対応OK!なら、お薬を受け取る薬局を医療機関に伝えましょう。
あとは、ご自分の都合のいい時間・場所で、診察とお薬の説明を受けられます。

セブンファーマシーでは、オンラインでのお薬の説明に対応しています。
あなたも手軽にオンライン医療、始めてみませんか?

-薬局のサービス活用術
-, , , , ,

© 2022 薬局セブンファーマシー Powered by AFFINGER5