子育てパパ&ママに役立つお話

2021/4/2

こどもをウイルスから守るには

この冬、新型コロナウイルスが注目されていますが、そもそも冬はウイルス感染の季節です。こどもたちと感染予防について、考えてみたいと思います。 内容 1.こどもは友達と遊ぶことを避けたほうがいい? 2.ウイルス性感染症の予防 3.こどものマスク着用はどこまで必要? 4.学校・職場等の休み方・休ませ方 5.2020/21 年末年始に気をつけたいこと 1. こどもは友達と遊ぶことを避けたほうがいい? こどもたちは、他者と関わりながら成長します。そのなかでのあそびは発達に重要な役割を果たしています。 では、ウイルス ...

ReadMore

2021/3/31

小児科こそ、「かかりつけ小児科医」が大事です!

3月になりました。✿春から子供たちは保育園、幼稚園、小学校と、これまでと違う生活環境にデビューしていきます。お父さんお母さんは、新しい環境でのこどもさんの体調に不安もあるでしょう。保育園など、集団生活を始めたばかりのこどもは、いろんな原因で熱を出します。熱を出す原因の大半は、ウイルスや細菌などの病原体です。人間の体内に病原体が入ると、異物を追い出そうとして免疫機能が働き、体温を上げるしくみになっています。体温を上げると、高温に弱いウイルスや細菌をやっつけることができます。つまり発熱は、体が病原菌とたたかっ ...

ReadMore

女性のための薬と健康のお話

2021/3/31

辛くないのに体を温める優しい味のドリンク出ました。

冷え性に生姜がいいとはわかっていても・・・ あの「辛さ」がちょっと苦手。。。 そんな人に朗報です! 生薬のメッカ、奈良産の当帰(トウキ) 大和当帰が配合された、辛くないのに体があたたまるドリンクでました! ほんのり甘く、癖のない味。 生姜が苦手という冷え性の方に、ぴったりです。 ネットでも薬局セブンファーマシー各店でも取り扱っております。 重いので配送ご希望の方はお気軽に店頭またはウェブの問い合わせからご連絡下さい。 名前(必須) メール(必須) サイト メッセージ 送信

ReadMore

薬局の便利な活用方法

2021/4/12

GWはもうすぐ!おくすり、たりますか?

季節はもうすぐ5月、ゴールデンウイーク(GW)到来ですね。 昨年ステイホームで過ごしたGWでしたが、今年はアウトドアや家族旅行を計画する方々もいらっしゃることでしょう。   今年は、月~木に通っている方は要注意!お薬がなくなる日はいつですか   4月1日に28日分のお薬をもらった方、

ReadMore

2021/4/7

はじめようオンライン診療

オンライン診療、私でも受けられるかしら。 オンライン診療が可能な方は、 定期的に通院していて、体調が安定している患者さん と定められています。 ここで、体調が安定しているかどうかを判断するのは主治医。 かかりつけの先生と、きちんと相談してくださいね。 たとえば1年ぐらい薬が変わっていなければ、オンライン診療でOKと言ってもらえる可能性アリです。 ぜひ一度、主治医に確認してみてください。   「初診」 最初は対面診療を受けます。 禁煙外来やAGAの場合は初めからオンライン診療が可能です。 &nbs ...

ReadMore

2021/4/2

オンライン服薬指導制度って、なにができるんでしょう?

2020年も残すところあと50日を切りましたが、皆様にとってはどんな1年だったでしょうか。今年は新しい生活様式を取り入れて、行動様式が様々なところで大きく変化したことだと思います。 わたしも、飲み会や会議、趣味の研修をオンラインで初体験しました。国際電話のような間合いの違いはちょっぴり感じましたが、意外にもこれまでの関係性そのままに、楽しい時間を過ごすことができました。オンライン飲み会ですと、マスクをはずして参加できますので、ひさしぶりになじみの仲間の元気な表情を見られて、とてもうれしいひとときでした。 ...

ReadMore

2021/4/2

服薬フォローアップをうけてみませんか?

今年の紅葉は遅めに始まったものの、例年よりきれいで長持ちしそうですね。皆様いかがお過ごしでしょうか。 今週末は3連休という方も多いかと思います。読書の秋、食欲の秋、スポーツの秋・・・秋らしいひとときを過ごす計画は、もうお済みですか? さて今日は、お薬を安心して使っていただくための法律改正について、前回に続いてもうひとつ、お話をしたいと思います。 秋の夜長、ゆったりしたお時間にどうぞお読みになってください。 今日の おはなし 「服薬フォローアップ」を受けてみませんか どんなことができるようになるの? いつど ...

ReadMore

2021/4/7

忙しいビジネスパーソンこそ、オンライン診療を活用しましょう。

働き盛り世代のみなさん。 毎日お忙しい毎日をお過ごしのことと思います。 でも、働き盛りは「生活習慣病世代」・・・高血圧や高脂血症の薬を飲んでおられる方も多いのではないでしょうか? また、女性の社会進出もすすみ、働き盛りの女性で婦人科に通院されている人も多いと思います。 そんな方にご質問があります。 「薬をもらう時に、ご本人がちゃんと診察を受けに行ってますか?」 「ご家族に『薬だけもらっといて!』って頼んでいませんか?」 さて、皆さんどうですか? 生活習慣病はお薬を続けて飲むことが大切です。 でも忙しくて受 ...

ReadMore

自分の健康を自分で守るためのマメ知識

2021/4/2

次亜塩素酸との二酸化塩素は違うんです!正しく使いましょう~

次亜塩素酸・・・なんだっけ?消毒薬のなかには、よく似た名前のものがあります。今回は塩素系消毒剤についてお話ししましょう。内容消毒薬としての次亜塩素酸について・・・モノの消毒 1.次亜塩素酸ナトリウム:安価で安定なアルカリ性、酸と混ぜるな危険 2.次亜塩素酸水:酸性で不安定、分解するので早く使いましょう「次亜塩素酸水」の空間噴霧について 1. 二酸化塩素:医薬品・医薬部外品はありません 消毒薬としての次亜塩素酸について・・・ 以下、厚生労働省のサイトより引用します。https://www.mhlw.go.j ...

ReadMore

2021/4/2

オンライン服薬指導制度って、なにができるんでしょう?

2020年も残すところあと50日を切りましたが、皆様にとってはどんな1年だったでしょうか。今年は新しい生活様式を取り入れて、行動様式が様々なところで大きく変化したことだと思います。 わたしも、飲み会や会議、趣味の研修をオンラインで初体験しました。国際電話のような間合いの違いはちょっぴり感じましたが、意外にもこれまでの関係性そのままに、楽しい時間を過ごすことができました。オンライン飲み会ですと、マスクをはずして参加できますので、ひさしぶりになじみの仲間の元気な表情を見られて、とてもうれしいひとときでした。 ...

ReadMore

2021/4/2

喘息のお薬を使っているあなた、薬局のフォローアップサービスを受けませんか

薬局セブンファーマシーではフォローアップのサービスを開始しました。 薬局からの服薬フォローアップはどのようなサービスなのか、今日は喘息のお薬を使っている患者さんで紹介したいと思います。 喘息のお薬を使っているあなた、以下のどのタイプに当てはまりますか? タイプ1:歩くとゼイゼイ言うので、かかりつけの内科に相談したら、吸入のお薬をもらった。しんどいときには吸っているけれど、吸ってもあまり楽にならない タイプ2:この季節こどもの学校では授業でマラソンが始まり、走るとしんどいというので体育は見学させている。 タ ...

ReadMore

2021/4/2

この時期、咳はしたくない!!!

季節もようやく暦に追いつき、冷え込みが厳しくなってきました。皆さまお元気でお過ごしでしょうか。 気温が下がると湿度が下がり、空気が乾燥します。 乾燥して冷たい空気は、刺激がありますので、気道が敏感になっていると咳が出ます。 近頃は外でマスクをしている方々が多くなり、ご自分のマスクの中は温かく湿った空気で潤った状態が保てるようになってきました。 それでもやはり冬場は咳が出やすい季節です。 電車の中など、外でうっかり咳きこんでしまうと、困ることもありますよね。そんなわけで今日は、咳についてお話をしたいと思いま ...

ReadMore

2021/4/2

新型コロナウイルスの患者数とインフルエンザの患者数をデータで見てみよう

寒い季節、空気が乾燥してきました。 風邪薬や解熱剤などの常備薬はお手元にありますか。 COVID-19第1号とされる患者が確認されてちょうど1年。 この冬、新型コロナウイルスワクチンの接種がイギリスで開始されるというニュースが入ってきて、明るい兆しが見えてきました。 しかし、相変わらず国内ではウイルス感染患者数の情報が溢れていますし、これから冬本番に向けて、インフルエンザも忘れてはいけない「要注意感染症」です。 今日は、新型コロナウイルスとインフルエンザの感染者数などの情報を、国立感染症センターなどで公表 ...

ReadMore

薬の世界のトリビアをどうぞ

2021/4/2

風邪薬、病院と薬局、どうちがう?

風邪薬には医療用といって病院等で処方されるものと、薬局店頭で販売しているものがありますが、どう違うのでしょう。 目次 医療用で処方される風邪薬は50年前のレシピ 市販の風邪薬は、時代に合わせて改良されている   医療用で処方される風邪薬は50年前のレシピ 保険で処方できる総合感冒剤には、ペレックスやPL、ピーエイおよびその後発品があります。   このレシピは医薬品が承認された1960年代当時のものです。   例えばどちらのお薬も、解熱鎮痛剤として、サリチル酸系のサリチルアミド ...

ReadMore

2021/4/2

ジェネリックの品質ってどうよ?

ここ最近、ある医薬品に睡眠薬が混ざっていたことで健康被害にまで発展してしまった事件がありました。 私達、薬剤師にとってもこれはかなり衝撃的で、「まさか、そういうことがどうしておこり得るんだろうか!」と毎日、業界の情報に神経をとがらせていました。 まさに、あの事件は医薬品業界ではあってはならないことで、これから真相は徐々に明らかにされていくとは思いますが、今は、この製薬企業が関わっている医薬品をすべて見直して、違うメーカーへの切り替えをしています。 当薬局をご利用の患者さまにはいまお飲みのお薬がメーカー変更 ...

ReadMore

© 2021 薬局セブンファーマシー Powered by AFFINGER5