子育てパパ&ママに役立つお話

no image

2021/7/27

夏の水分、どんなものをとればいい・・・?

夏、本番! スポーツの祭典の熱戦も報じられる中、日本の暑さは尋常じゃないと、海外メディアも悲鳴を上げています。 長年日本に住んで鍛えられた私たちでも、真夏の水分補給はテクニックが必要ですね。 夏、のむべきものとして、経口補水液、スポーツドリンク、塩の入ったもの、麦茶、お水などなど、様々なものが身近にあると思います。 皆さんは、それぞれの飲み物の役割を区別して、使い分けられていますか? 経口補水液とは・・・ 熱中症対策として、経口補水液がCMでもおなじみかもしれません。 経口補水液は、脱水症のための食事療法 ...

ReadMore

no image

2021/7/27

虫さされ、どうケアしよう…?

梅雨も明けて、夏本番。 セミの声も元気よく、いよいよこどもたち待望の夏休みですね。 密にならずに屋外で楽しく過ごす機会もたくさんあるでしょう。 夏のお出かけで気になるのは、虫さされです。 夏に活動する虫の種類や、どんな皮膚症状を起こすか、知っていますか? 夏、虫さされの原因になるのはどんな「虫」? 「虫」さされと言いますが、皮膚症状を起こすのは「昆虫」だけではありません。 皮膚炎を起こす昆虫には、蚊、ノミ、ブユ(ブヨ)、ハチ、アブ、毛虫などがいます。 また、ダニやクモやムカデといった昆虫でない害虫、クラゲ ...

ReadMore

2021/5/10

連休中の子供のケアについて

連休が始まりました。お子さんがいるおうちでは、工夫して楽しい時間をお過ごしのことと思います。 幼児のこどもさんは毎日お父さんお母さんといられて楽しくて、小学校に上がったばかりのこどもさんは、緊張つづきの4月、学校の生活から解放されて、どんなに注意していても、お休みの日はテンションが上がってしまいますよね。 大型連休 いつもと違うこと・場所・食事・睡眠時間・・・ いつもと違う環境の中で、こどもさんたちはまだ自分のペースを制御できません。テンション高く楽しんでくれたらうれしいのですが、ちょっとしたことで体調を ...

ReadMore

2021/4/2

こどもをウイルスから守るには

この冬、新型コロナウイルスが注目されていますが、そもそも冬はウイルス感染の季節です。こどもたちと感染予防について、考えてみたいと思います。 内容 1.こどもは友達と遊ぶことを避けたほうがいい? 2.ウイルス性感染症の予防 3.こどものマスク着用はどこまで必要? 4.学校・職場等の休み方・休ませ方 5.2020/21 年末年始に気をつけたいこと 1. こどもは友達と遊ぶことを避けたほうがいい? こどもたちは、他者と関わりながら成長します。そのなかでのあそびは発達に重要な役割を果たしています。 では、ウイルス ...

ReadMore

2021/3/31

小児科こそ、「かかりつけ小児科医」が大事です!

3月になりました。✿春から子供たちは保育園、幼稚園、小学校と、これまでと違う生活環境にデビューしていきます。お父さんお母さんは、新しい環境でのこどもさんの体調に不安もあるでしょう。保育園など、集団生活を始めたばかりのこどもは、いろんな原因で熱を出します。熱を出す原因の大半は、ウイルスや細菌などの病原体です。人間の体内に病原体が入ると、異物を追い出そうとして免疫機能が働き、体温を上げるしくみになっています。体温を上げると、高温に弱いウイルスや細菌をやっつけることができます。つまり発熱は、体が病原菌とたたかっ ...

ReadMore

女性のための薬と健康のお話

2021/7/21

ワクチンの副反応が心配なら薬局でご相談ください

この週末、奈良市でも64歳以下の方への接種券が送付され始めました。 ところで、様々なネット情報があふれる中、ワクチン接種に不安を感じている方々はいらっしゃいませんでしょうか。 薬局では、こういった皆様の不安をお伺いして、正しいワクチンの情報をご提供しております。心配なことがありましたら、薬局へご相談ください。 ここからはワクチンに関するいろいろな不安について、解決策・対策等をご紹介していきたいと思います。 「独り暮らしだけど、副反応が来るのがコワイ・・・」 この不安は本当に切実ですね。特に若い世代で副反応 ...

ReadMore

2021/7/5

夏、女性の敵は真菌です!

6月、夏至も過ぎて奈良もいよいよ暑くなってきましたね。 こういう季節、気になるのはじめじめに伴う肌のトラブルです。 真菌のトラブル、そういえば・・・? 肌は普段から水分や油分のバランスを調節することで健康状態を保っています。ところがこの季節、汗をかくと肌の水分や油分のバランスが崩れがちです。さらに湿潤な気候で温かい肌の上は、カビなどの温床になります。 たとえば、生理中にナプキンを毎日使っているうちに、かぶれることがありますよね。 デリケートゾーンにはこの季節特に汚れや汗がたまりやすく、温かい環境も伴って、 ...

ReadMore

2021/6/14

梅雨時の不調を乗り越えよう

今年は、近畿地方は平年より21日早く5月16日ごろに梅雨入りしました。 平年ですと梅雨明けは7月19日ごろ。今年は涼しく雨が続く年になりそうです。 天候が悪いと体調は変化します 梅雨に入ると低気圧が続き、多くの方々が体調に変化を感じます。 気象病という言葉を耳にしたことのある方もいらっしゃるでしょう。 気象病とは、曇りや雨の日に身体に不調が現れること全般を指します。 具体的には低気圧とともに頭痛・だるさ・古傷がうずく・関節痛・めまい・耳鳴り・喘息などの症状が、普段よりも悪化することがあります。 梅雨時のま ...

ReadMore

2021/3/31

辛くないのに体を温める優しい味のドリンク出ました。

冷え性に生姜がいいとはわかっていても・・・ あの「辛さ」がちょっと苦手。。。 そんな人に朗報です! 生薬のメッカ、奈良産の当帰(トウキ) 大和当帰が配合された、辛くないのに体があたたまるドリンクでました! ほんのり甘く、癖のない味。 生姜が苦手という冷え性の方に、ぴったりです。 ネットでも薬局セブンファーマシー各店でも取り扱っております。 重いので配送ご希望の方はお気軽に店頭またはウェブの問い合わせからご連絡下さい。 名前(必須) メール(必須) サイト メッセージ 送信

ReadMore

薬局の便利な活用方法

no image

2021/7/27

虫さされ、どうケアしよう…?

梅雨も明けて、夏本番。 セミの声も元気よく、いよいよこどもたち待望の夏休みですね。 密にならずに屋外で楽しく過ごす機会もたくさんあるでしょう。 夏のお出かけで気になるのは、虫さされです。 夏に活動する虫の種類や、どんな皮膚症状を起こすか、知っていますか? 夏、虫さされの原因になるのはどんな「虫」? 「虫」さされと言いますが、皮膚症状を起こすのは「昆虫」だけではありません。 皮膚炎を起こす昆虫には、蚊、ノミ、ブユ(ブヨ)、ハチ、アブ、毛虫などがいます。 また、ダニやクモやムカデといった昆虫でない害虫、クラゲ ...

ReadMore

2021/7/21

高校生でもわかる!信頼できる医療情報を得るには・・・?

薬・治療法・医療の安全には「絶対」というものはありません。 100%害があるという話も、100%安全という話も、どちらもあり得ません。 あなたの病気の治療法を、最終的に選択するのはあなた自身です。 とはいっても、医学情報は専門的で難しいうえ、自分の健康に直結する問題について、一人で考えるのはとても困難でしょう。 何か参考になる意見を求めて、調べようとするのが当然だと思います。 今日は、高校生から大学生ぐらいの方へ向けて、医学的な見解を参考にするときのヒントをお伝えできれば幸いです。 学会のwebサイトを読 ...

ReadMore

2021/7/21

ワクチンの副反応が心配なら薬局でご相談ください

この週末、奈良市でも64歳以下の方への接種券が送付され始めました。 ところで、様々なネット情報があふれる中、ワクチン接種に不安を感じている方々はいらっしゃいませんでしょうか。 薬局では、こういった皆様の不安をお伺いして、正しいワクチンの情報をご提供しております。心配なことがありましたら、薬局へご相談ください。 ここからはワクチンに関するいろいろな不安について、解決策・対策等をご紹介していきたいと思います。 「独り暮らしだけど、副反応が来るのがコワイ・・・」 この不安は本当に切実ですね。特に若い世代で副反応 ...

ReadMore

2021/6/7

薬局が予診票を書くお手伝いをいたします

新型コロナウイルスワクチン予診票が変わりました 一般高齢者へのCOVID-19ワクチン接種が進められているなかですが、皆さん接種予約は済まされましたでしょうか。 さてこのたび、5月29日に予診票の様式が変わりました。 今日はその内容について、確認していきましょう。 2021年5月29日に発表された様式の予診票。従来の予診票も使用が可能です。 5月29日付の予診票~従来からの変更点は?~ 新しい予診票は、以下の点が変更になりました。 現在何らかの病気にかかって治療(投薬など)を受けていますか、に続く質問項目 ...

ReadMore

2021/5/10

連休中の子供のケアについて

連休が始まりました。お子さんがいるおうちでは、工夫して楽しい時間をお過ごしのことと思います。 幼児のこどもさんは毎日お父さんお母さんといられて楽しくて、小学校に上がったばかりのこどもさんは、緊張つづきの4月、学校の生活から解放されて、どんなに注意していても、お休みの日はテンションが上がってしまいますよね。 大型連休 いつもと違うこと・場所・食事・睡眠時間・・・ いつもと違う環境の中で、こどもさんたちはまだ自分のペースを制御できません。テンション高く楽しんでくれたらうれしいのですが、ちょっとしたことで体調を ...

ReadMore

自分の健康を自分で守るためのマメ知識

no image

2021/7/27

夏の水分、どんなものをとればいい・・・?

夏、本番! スポーツの祭典の熱戦も報じられる中、日本の暑さは尋常じゃないと、海外メディアも悲鳴を上げています。 長年日本に住んで鍛えられた私たちでも、真夏の水分補給はテクニックが必要ですね。 夏、のむべきものとして、経口補水液、スポーツドリンク、塩の入ったもの、麦茶、お水などなど、様々なものが身近にあると思います。 皆さんは、それぞれの飲み物の役割を区別して、使い分けられていますか? 経口補水液とは・・・ 熱中症対策として、経口補水液がCMでもおなじみかもしれません。 経口補水液は、脱水症のための食事療法 ...

ReadMore

no image

2021/7/27

虫さされ、どうケアしよう…?

梅雨も明けて、夏本番。 セミの声も元気よく、いよいよこどもたち待望の夏休みですね。 密にならずに屋外で楽しく過ごす機会もたくさんあるでしょう。 夏のお出かけで気になるのは、虫さされです。 夏に活動する虫の種類や、どんな皮膚症状を起こすか、知っていますか? 夏、虫さされの原因になるのはどんな「虫」? 「虫」さされと言いますが、皮膚症状を起こすのは「昆虫」だけではありません。 皮膚炎を起こす昆虫には、蚊、ノミ、ブユ(ブヨ)、ハチ、アブ、毛虫などがいます。 また、ダニやクモやムカデといった昆虫でない害虫、クラゲ ...

ReadMore

no image

2021/7/12

夏バテ防止は「胃を冷やさない」ことから始まります!

梅雨の大雨で大変ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 大雨の季節が終わると、いよいよ暑い夏がやってきますね。 有名なコーヒーショップの美味しそうなフラッペ・・・冷たくて甘くておいしそうなんですが、わたしにはちょっと手が出せない理由があります。 おなかを冷やすと何が起きる・・・? 冷たい食べ物を摂って胃を冷やすと血液が胃の周辺に集まってきてその温度を回復させようとします。 このとき、温かい血液が冷たい胃に熱を奪われて、血液の温度が下がります。これが冷たいものを食べると身体が涼しく感じる原理です。 とこ ...

ReadMore

2021/7/21

高校生でもわかる!信頼できる医療情報を得るには・・・?

薬・治療法・医療の安全には「絶対」というものはありません。 100%害があるという話も、100%安全という話も、どちらもあり得ません。 あなたの病気の治療法を、最終的に選択するのはあなた自身です。 とはいっても、医学情報は専門的で難しいうえ、自分の健康に直結する問題について、一人で考えるのはとても困難でしょう。 何か参考になる意見を求めて、調べようとするのが当然だと思います。 今日は、高校生から大学生ぐらいの方へ向けて、医学的な見解を参考にするときのヒントをお伝えできれば幸いです。 学会のwebサイトを読 ...

ReadMore

2021/7/21

ワクチンの副反応が心配なら薬局でご相談ください

この週末、奈良市でも64歳以下の方への接種券が送付され始めました。 ところで、様々なネット情報があふれる中、ワクチン接種に不安を感じている方々はいらっしゃいませんでしょうか。 薬局では、こういった皆様の不安をお伺いして、正しいワクチンの情報をご提供しております。心配なことがありましたら、薬局へご相談ください。 ここからはワクチンに関するいろいろな不安について、解決策・対策等をご紹介していきたいと思います。 「独り暮らしだけど、副反応が来るのがコワイ・・・」 この不安は本当に切実ですね。特に若い世代で副反応 ...

ReadMore

薬の世界のトリビアをどうぞ

2021/7/21

ワクチン接種は誰がするの?

日本と同様、世界各国でも、ワクチン接種に関するニュースが流れてきています。 例えば米国では以前からインフルエンザワクチンの接種を薬局で受けるのが一般的です。 摂取を担当するのは薬剤師で、今回、新型コロナウイルスワクチンに関しても薬局で接種ができる体制が整っています。 今日はそんな国内・海外の事例をいくつかご紹介いたします。 ワクチン接種に従事する薬剤師(アメリカ) 先日、日本のアナウンサー辛坊治郎さんが、ヨットでの太平洋横断挑戦のさなかに米国でワクチンを接種されたことが記事になっていました。 Yahoo! ...

ReadMore

2021/6/7

薬局が予診票を書くお手伝いをいたします

新型コロナウイルスワクチン予診票が変わりました 一般高齢者へのCOVID-19ワクチン接種が進められているなかですが、皆さん接種予約は済まされましたでしょうか。 さてこのたび、5月29日に予診票の様式が変わりました。 今日はその内容について、確認していきましょう。 2021年5月29日に発表された様式の予診票。従来の予診票も使用が可能です。 5月29日付の予診票~従来からの変更点は?~ 新しい予診票は、以下の点が変更になりました。 現在何らかの病気にかかって治療(投薬など)を受けていますか、に続く質問項目 ...

ReadMore

2021/6/4

50代男性の「不調」は更年期の可能性もあるんです!

女性に更年期があることは長年知られていますが、近年、男性更年期障害という病態があることがわかってきました。 男性更年期障害は、加齢、ストレス、男性ホルモン(アンドロゲン)低下などが原因で生じます。 ●男性更年期症状● 精神症状      身体症状■健康感の減少   ■筋力低下,筋肉痛■不安       ■疲労感■いらいら     ■ほてり,発汗■うつ       ■頭痛,めまい,耳鳴り■不眠       ■性機能低下■集中力の低下   ■頻尿■記憶力の低下   ■Morning erectionの消失■性 ...

ReadMore

2021/5/10

連休中の子供のケアについて

連休が始まりました。お子さんがいるおうちでは、工夫して楽しい時間をお過ごしのことと思います。 幼児のこどもさんは毎日お父さんお母さんといられて楽しくて、小学校に上がったばかりのこどもさんは、緊張つづきの4月、学校の生活から解放されて、どんなに注意していても、お休みの日はテンションが上がってしまいますよね。 大型連休 いつもと違うこと・場所・食事・睡眠時間・・・ いつもと違う環境の中で、こどもさんたちはまだ自分のペースを制御できません。テンション高く楽しんでくれたらうれしいのですが、ちょっとしたことで体調を ...

ReadMore

2021/4/2

風邪薬、病院と薬局、どうちがう?

風邪薬には医療用といって病院等で処方されるものと、薬局店頭で販売しているものがありますが、どう違うのでしょう。 目次 医療用で処方される風邪薬は50年前のレシピ 市販の風邪薬は、時代に合わせて改良されている   医療用で処方される風邪薬は50年前のレシピ 保険で処方できる総合感冒剤には、ペレックスやPL、ピーエイおよびその後発品があります。   このレシピは医薬品が承認された1960年代当時のものです。   例えばどちらのお薬も、解熱鎮痛剤として、サリチル酸系のサリチルアミド ...

ReadMore

© 2021 薬局セブンファーマシー Powered by AFFINGER5