子育てパパ&ママに役立つお話

2021/11/22

「うちの子ADHDかも?」って思ったら読んでください🎵

今日は、こどものADHDを取り上げたいと思います。 こどもが突然走りだしたり、注意力が散漫な様子をみて、ひとりで通学できるか、学校生活大丈夫か、悩んでいらっしゃる保護者の方はいらっしゃいませんか。 ADHDとは・・・ ADHDは、衝動・多動・不注意の症状により日常生活に支障が出てしまう疾患で、これらの症状が少なくとも2カ所以上の場所、例えば家庭と、学校や保育園・幼稚園でみられます。 これら行動や振る舞い自体は誰にでもあるものです。 しかし、年齢不相応に下記のような行動が目立つ状態が長期間持続していて、その ...

ReadMore

2021/11/22

エナジードリンク、のんでいて大丈夫・・・?

忙しい現代社会では、仕事や勉強などの集中力を高めるためか、「エナジードリンク」といってカフェインがたくさん含まれているドリンクがたくさん販売されています。 容器の色鮮やかで魅力的なデザインは、中高生の心も引き付けるようです。 アーバンスポーツやモータースポーツ、eスポーツ(ゲーム)などのスポンサーにもなっており、これらエンタテインメントのファン層にも露出が高いカテゴリですね。 そう、中高生の親世代には既視感がありますよね。1990年代のタバコ業界の広告のようではありませんか。 エナジードリンクってどんなも ...

ReadMore

2021/11/22

夏の水分、どんなものをとればいい・・・?

夏、本番! スポーツの祭典の熱戦も報じられる中、日本の暑さは尋常じゃないと、海外メディアも悲鳴を上げています。 長年日本に住んで鍛えられた私たちでも、真夏の水分補給はテクニックが必要ですね。 夏、のむべきものとして、経口補水液、スポーツドリンク、塩の入ったもの、麦茶、お水などなど、様々なものが身近にあると思います。 皆さんは、それぞれの飲み物の役割を区別して、使い分けられていますか? 経口補水液とは・・・ 熱中症対策として、経口補水液がCMでもおなじみかもしれません。 経口補水液は、脱水症のための食事療法 ...

ReadMore

2021/11/22

虫さされ、どうケアしよう…?

梅雨も明けて、夏本番。 セミの声も元気よく、いよいよこどもたち待望の夏休みですね。 密にならずに屋外で楽しく過ごす機会もたくさんあるでしょう。 夏のお出かけで気になるのは、虫さされです。 夏に活動する虫の種類や、どんな皮膚症状を起こすか、知っていますか? 夏、虫さされの原因になるのはどんな「虫」? 「虫」さされと言いますが、皮膚症状を起こすのは「昆虫」だけではありません。 皮膚炎を起こす昆虫には、蚊、ノミ、ブユ(ブヨ)、ハチ、アブ、毛虫などがいます。 また、ダニやクモやムカデといった昆虫でない害虫、クラゲ ...

ReadMore

2021/11/15

連休中の子供のケアについて

連休が始まりました。お子さんがいるおうちでは、工夫して楽しい時間をお過ごしのことと思います。 幼児のこどもさんは毎日お父さんお母さんといられて楽しくて、小学校に上がったばかりのこどもさんは、緊張つづきの4月、学校の生活から解放されて、どんなに注意していても、お休みの日はテンションが上がってしまいますよね。 大型連休 いつもと違うこと・場所・食事・睡眠時間・・・ いつもと違う環境の中で、こどもさんたちはまだ自分のペースを制御できません。テンション高く楽しんでくれたらうれしいのですが、ちょっとしたことで体調を ...

ReadMore

女性のための薬と健康のお話

2021/11/22

緊急避妊薬を薬局で買えるようにしよう!

緊急避妊薬ってなんだろう? 緊急避妊薬、緊急避妊ピルまたはアフターピルは、思いがけない妊娠を防ぐお薬です。 妊娠阻止率は85%程度です。 性交後できるだけ早く使うほど効果が高く、72時間以内に飲むべきとされています。 副作用も強くなく、催奇形性もないことが知られています。 緊急避妊薬を早く届けたい・・・世界保健機構WHOの願い 緊急避妊薬は、世界では90ヶ国において、地域の薬局で薬剤師との面談だけで販売されていますが、日本では処方箋が必要なお薬です。 世界保健機構(WHO)は、緊急避妊薬が必要な人に対して ...

ReadMore

2021/11/22

冷え性と食生活の関連~20代女子、タンパク質を摂ろう!~

こんにちは。薬剤師のなっちゃんです。 薬剤師なっちゃん10月下旬になって、急にぐっと寒くなってきましたねえ 急に寒くなると、手や足の先が冷たくなる女性、たくさんいらっしゃるでしょう。 薬剤師なっちゃんわたしも 毎年 冷え性で困ってるんですよね。 腰や脚など異常に冷たくなって、夜が眠れなかったり活動的になれなかったりします。 以下のような症状、あなたにも心当たりはありませんか? 手足の指が白くなることがある手足がしびれることがあるしもやけになったことがある寝るときに靴下や湯たんぽ、電気毛布など保温するものを ...

ReadMore

2021/11/15

夏、女性の敵は真菌です!

6月、夏至も過ぎて奈良もいよいよ暑くなってきましたね。 こういう季節、気になるのはじめじめに伴う肌のトラブルです。 真菌のトラブル、そういえば・・・? 肌は普段から水分や油分のバランスを調節することで健康状態を保っています。ところがこの季節、汗をかくと肌の水分や油分のバランスが崩れがちです。さらに湿潤な気候で温かい肌の上は、カビなどの温床になります。 たとえば、生理中にナプキンを毎日使っているうちに、かぶれることがありますよね。 デリケートゾーンにはこの季節特に汚れや汗がたまりやすく、温かい環境も伴って、 ...

ReadMore

2021/3/31

辛くないのに体を温める優しい味のドリンク出ました。

冷え性に生姜がいいとはわかっていても・・・ あの「辛さ」がちょっと苦手。。。 そんな人に朗報です! 生薬のメッカ、奈良産の当帰(トウキ) 大和当帰が配合された、辛くないのに体があたたまるドリンクでました! ほんのり甘く、癖のない味。 生姜が苦手という冷え性の方に、ぴったりです。 ネットでも薬局セブンファーマシー各店でも取り扱っております。 重いので配送ご希望の方はお気軽に店頭またはウェブの問い合わせからご連絡下さい。 名前(必須) メール(必須) サイト メッセージ 送信 Δ

ReadMore

薬局の便利な活用方法

2021/11/22

骨密度検査は薬局で受けましょう!

骨密度検査。 まだまだ若いから骨密度検査なんて要らない!   そう思っていませんか? 今、若い世代での骨粗鬆症が問題になってきています。 骨密度は成長期にぐっと増えますが、20代からは減少していきます。 成長期の偏食や運動不足、ダイエットなどで骨密度の増加がそれほど多くなかった場合、20代でも骨粗鬆症になる可能性が十分にあるんです。   つまり!!   20代、30代のうちに 自分の骨密度を知って、「骨密度を減らさない」ようにするのがとても重要なのです。   &nb ...

ReadMore

2021/10/25

薬剤師が在宅にお伺いするサービスをご存知ですか?

このサービスは 1)介護保険を利用されている方は限度額に関係なく自己負担が1回約500円程度(自己負担が10%の場合) 2)介護保険を利用されていない方は医療保険で自己負担が1回約500円程度(自己負担が10%の場合) のご負担でご利用いただけます。 では、薬剤師がご自宅でどのような業務を行うのでしょうか。 また、最近では 高齢者の方の薬が多い ことが問題視されてきていて、老年医学会でも薬を減らすための取り組みやガイドラインが作られているほどなのです。 こちらは老年医薬会と老年薬学会という高齢者の方の薬や ...

ReadMore

2021/11/26

LINEで処方箋が送れるようになりました☆

いつも薬局セブンファーマシーをご利用いただきましてありがとうございます! 薬局セブンファーマシーは、便利になりました!!   1. LINEから処方箋を送れます☆ 2021年10月25日、薬局セブンファーマシー全店で、お手持ちの携帯からLINEを使って処方箋を送れるサービスを開始しました!   どうぞお気軽にご登録ください☆ 薬剤師なっちゃん特に、遠方の医療機関を受診される方、 お買い物やこどもさんのお迎えなどで忙しい30代40代の方、 空いた時間に送信しておけば、あとからゆっくりお薬 ...

ReadMore

2021/11/15

ワクチンの副反応が心配なら薬局でご相談ください

この週末(2021.6.28現在)、奈良市でも64歳以下の方への接種券が送付され始めました。 ところで、様々なネット情報があふれる中、ワクチン接種に不安を感じている方々はいらっしゃいませんでしょうか。 薬局では、こういった皆様の不安をお伺いして、正しいワクチンの情報をご提供しております。心配なことがありましたら、薬局へご相談ください。 ここからはワクチンに関するいろいろな不安について、解決策・対策等をご紹介していきたいと思います。 「独り暮らしだけど、副反応が来るのがコワイ・・・」 この不安は本当に切実で ...

ReadMore

2021/11/15

薬局が予診票を書くお手伝いをいたします

新型コロナウイルスワクチン予診票が変わりました 一般高齢者へのCOVID-19ワクチン接種が進められているなかですが、皆さん接種予約は済まされましたでしょうか。 さてこのたび、5月29日に予診票の様式が変わりました。 今日はその内容について、確認していきましょう。 2021年5月29日に発表された様式の予診票。従来の予診票も使用が可能です。 5月29日付の予診票~従来からの変更点は?~ 新しい予診票は、以下の点が変更になりました。 現在何らかの病気にかかって治療(投薬など)を受けていますか、に続く質問項目 ...

ReadMore

自分の健康を自分で守るためのマメ知識

2021/11/29

冬のこどもの体調不良、おうちで対応しよう!

朝晩すっかり寒くなってきましたね。いよいよ冬が目前まで来ています。 今日は、一般的な冬の体調不良への対応の仕方を考えてみたいと思います。 こどもが冬に体調を崩す場面・・・冬の代表的な3つの疾患 冬、乳児や幼児、小学生の保護者の方々、お子さんがこんな感じのときに、どう対応していますか。 ①鼻水が出ていて、咳も出ていて、発熱もあるけどそんなに高くない・・・ いつもより鼻水が出てて、咳もあって、ひょっとして熱がいつもより高めなんだけど、まあまあ元気そう・・・ いろんな病気の可能性がありますが、ひょっとするとこれ ...

ReadMore

2021/11/22

症状は軽いうちに対応しよう~薬局トリアージ活用のススメ~

薬剤師はあなたが最初に相談できる場所です 若い方々の中には、薬局には処方箋がないと入りにくいという印象を持っていらっしゃる方がいらっしゃるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。 薬局は、困ったときに真っ先に相談を持ちかけられる気軽な場所でありながら、あなたの健康の相談にプロが専門知識で応じる便利な場所です。 薬剤師は、みなさんが病院にかかる前に、市販の薬でしのぐか・様子をみるか・すぐに病院にかかるか、判断のお手伝いをしています。 これが薬局トリアージです。 薬局のトリアージとは? 薬剤師は、 ...

ReadMore

2021/11/22

イソジンをのむ人がアメリカに・・・?~ヘルスリテラシーを身につけよう~

先日、とある知人からこの画面を見せてもらいました。 知人はこれを「イソジンは飲むとコロナに効くの?」と言いながら持ってきましたが、果たしてそうでしょうか。 アメリカの反ワクチン主義者たちがコロナを防ぐためにベタダインを飲み始めた。つまりイソジンである。https://t.co/UJz2rkPNoY— 町山智浩 (@TomoMachi) September 30, 2021 薬剤師なっちゃんこの情報は本当に正しいのでしょうか。 イソジンは、のんではいけません! 私たちは薬剤師なので、イソジンをの ...

ReadMore

2021/11/22

子宮頸がん予防ワクチンについて、中学生のみんなどうおもう?

中学生のみなさん、こんにちは。 薬剤師のなっちゃんです。   薬剤師なっちゃん前回に引き続いて、中学生に知ってほしい、 健康のこと、病気のことを紹介したいと思います。   今日のお題は、子宮頸がん(しきゅうけいがん)予防ワクチンです。   薬剤師なっちゃんどうしてがんに、ワクチンが必要なんだろうね。 じゃあ、一緒に調べてみよう! ~この記事のもくじ~1.「子宮頸がん予防ワクチンってなに??」 2.「がんを起こすウイルスがいるんだ!」 3.「子宮頸がん予防ワクチンの効果は高い! ...

ReadMore

2021/11/22

中学生のみんな、ワクチンどう思ってる?

中学生のみんな、こんにちは。薬剤師のなっちゃんです。 薬剤師なっちゃん夏休みと変わらず安心して過ごせていますか。 学校生活ちょっと変わりましたよね。 いままでと違うこと、たくさん頑張ってますよね 2学期が始まって、給食の再開まで期間があったり遠隔授業が始まったり、 高校や大学とおなじく、中学校も新型コロナウイルス感染症への対策をとりながら 勉強の質を下げない方法をさぐっています。 本当にみんな、よく頑張ってなじもうとしてくれてますよね。   きっと、ときどき、いつまでこの生活続くのかなとか、 い ...

ReadMore

薬の世界のトリビアをどうぞ

2021/7/21

ワクチン接種は誰がするの?

日本と同様、世界各国でも、ワクチン接種に関するニュースが流れてきています。 例えば米国では以前からインフルエンザワクチンの接種を薬局で受けるのが一般的です。 摂取を担当するのは薬剤師で、今回、新型コロナウイルスワクチンに関しても薬局で接種ができる体制が整っています。 今日はそんな国内・海外の事例をいくつかご紹介いたします。 ワクチン接種に従事する薬剤師(アメリカ) 先日、日本のアナウンサー辛坊治郎さんが、ヨットでの太平洋横断挑戦のさなかに米国でワクチンを接種されたことが記事になっていました。 Yahoo! ...

ReadMore

2021/4/2

ジェネリックの品質ってどうよ?

ここ最近、ある医薬品に睡眠薬が混ざっていたことで健康被害にまで発展してしまった事件がありました。 私達、薬剤師にとってもこれはかなり衝撃的で、「まさか、そういうことがどうしておこり得るんだろうか!」と毎日、業界の情報に神経をとがらせていました。 まさに、あの事件は医薬品業界ではあってはならないことで、これから真相は徐々に明らかにされていくとは思いますが、今は、この製薬企業が関わっている医薬品をすべて見直して、違うメーカーへの切り替えをしています。 当薬局をご利用の患者さまにはいまお飲みのお薬がメーカー変更 ...

ReadMore

© 2021 薬局セブンファーマシー Powered by AFFINGER5