自分のことは自分で守ろう~セルフメディケーションのススメ~

新型コロナウイルスのワクチンってどんなもの?

新型コロナウイルスのワクチン接種が、医療従事者から始まり、現在一般高齢者への予約がスタートしています。

先日、おかげさまで弊社薬剤師も1回目のワクチン接種ができました。

諸外国では感染率の劇的な抑制が観察されており、集団免疫の重要性が感じられるなあ、これでようやく安心して生活できるかしらと思って帰宅しました。

ところが、帰宅してみたら、どうも家族のみんなの様子が変です。

筆者に話しかけてきませんし、顔を合わせてくれません。

なになに、どうしたん?と聞くと、こどもがおそるおそる尋ねてきました。

「ワクチン打ったってことは、おかあさんいま、軽いコロナ状態ってことやんな?」

んなわけあるか~~~い(笑)!

と言いたいところでしたが、こどもたちは真剣に自分たちのことも、わたしのことも心配してくれています。

そこで今日は新型コロナウイルスのワクチンは、どういうふうに効果を表すのか、こどもたちにわかるように説明していきましょう。

新型コロナウイルスワクチンは安全なの?

まず、我が家のこどもたちの間違いの指摘から。

予防接種というと学校でもジェンナーの種痘を習います。そのため、こどもたちは新型コロナウイルスのワクチンも「すべて毒のある病原体をちょっと弱めたものを接種している」と考えていたようです。

そのようなワクチンを「生ワクチン」と呼びます。現在のワクチンにも生ワクチンはありますが、どれも安全性と有効性が担保されたものです。

「生ワクチン」以外はすべて感染力を持ったままの病原体を含みません。

新型コロナウイルスワクチンにも病原体そのものは含まれません。

新型コロナウイルスワクチンには数種類ありますが大きく分けるとふたつ、mRNAワクチンとベクターワクチンです。

いずれも、最新鋭の技術を使って作られたものです。

そもそも世界で初めてのしくみを使ったワクチンでしたので、治験や諸外国の成果は全世界が注目していたのです。

正直に申しますと、未知の副作用が出ないか最も警戒していたのは医師や薬剤師です。

ところが、嬉しい驚きだったのは、この初めてのしくみによる副作用が従来のワクチンのしくみと比べても十分少ないものだったことです。

新型コロナウイルスワクチンは効くの?

例えば、イスラエルの例では昨年12月からワクチン接種を開始しました。それでも今年1月に感染者数がピークにありました。

それでも継続して接種が進むにつれて、約2ヶ月後には感染者数、一日当たりの死者数がピーク時の50%となりました。

現在、16歳以上の人の70%がワクチン接種を済ませているイスラエルでは、1日の感染者数が一桁に戻っています。街中でもマスク着用の規制はごく限られたところに残るのみになっています。

どれくらいで効果があらわれるの?

ファイザー社の「コミナティ筋注」の添付文書によりますと、1回目接種後の2回目は3週間後と設定されています。

この記事を書いている2021年5月時点でわかっているデータからは、「十分な免疫がつくのは2回目から7日後」と言われています。

ですので、初回接種から4週間後には効果が期待できそうです。

まずは、かかりつけ医に相談を

現在、奈良市では新型コロナウイルスワクチンを身近なかかりつけ医で接種できます。

また、集団接種に予約しようと思っている方も、疾患や現在の状態によって接種前に主治医との相談が必要な場合があります。 2021.5.29 問診票の様式が変更になり、本人と予診医との相談だけでの接種が可能になりました。

まずは、わからないことはなんでも、いつもの先生に聞いておきましょう!

もっといろんな調べ方について興味がある方は・・・

セブンファーマシーブログの別の記事もぜひご参照ください!

-自分のことは自分で守ろう~セルフメディケーションのススメ~
-, , , , , , , ,

© 2022 薬局セブンファーマシー Powered by AFFINGER5