熱があるこども

子育てClass

夏に多い!発熱をともなう子どもの病気を知って、乗り越えよう!

夏は、もともと高熱の出る感染症の季節です。

どのような感染症があるか、予防法はなにか、知っておきたいことをご紹介します。

熱はないけど、子どものお肌のトラブルが気になる方はこちらの記事もおススメ。

夏の発熱には、主に3つの疾患があります

1. 咽頭結膜熱

アデノウィルスの感染が原因です。
プールで感染することが多いので、プール熱と呼ばれます。

39度前後の高い熱が3~7日続き、のどが赤く腫れます。
結膜が充血して目やにが出ます。
時には、腹痛や下痢を伴うこともあります。

2. ヘルパンギーナ

コクサッキーウイルスの感染によっておこります。

突然の発熱が特徴で、39度前後の高い熱が2、3日続きます。
のどちんこの周辺が赤くふくれ、水ほうを作ります。
やがて、水ほうが破れて潰瘍になると痛みが強くなります。

のどの奥が痛いので、食欲が落ち機嫌が悪くなります。

3. 手足口病

コクサッキーウイルスやエンテロウイルスの感染によっておこります。

手のひらや足の裏、口の中に盛り上がった発疹が出ます。
赤ちゃんや幼児では全身に出ることもあります。
口の中の発疹は水ほうになり、破れてただれ、潰瘍になります。
刺激のある食べ物やすっぱいものはしみて嫌がります。

もしかかってしまったら、あわてず対応しましょう!

熱、水分が取れない、痛みや嘔吐があれば、まずは小児科に相談しましょう。

  • 熱やしんどさが続く
  • 水分が摂れない
  • おしっこが出ない
  • 痛みや嘔吐がある

といった症状があるときは、必ず受診しましょう。
電話受診に対応している医院も増えてきました。まずは小児科に電話で相談しましょう。

受診後は、エアコンなどで涼しくしたおうちでゆっくり過ごしましょう。

脱水にならないように水分をこまめに補給するのをお忘れなく。

発熱しているときは、水分を失いやすい状態です。
のませるものとしては、飲みなれた麦茶や乳幼児用イオン飲料、特に熱が高い時はOS-1などもおすすめです。

タオルは別にしましょう。

咽頭結膜熱では、タオルについた目やにから家族に感染することがあるので、タオルは別にしましょう。
可能なら、使い捨てのペーパータオルを使うのがおススメです。

口当たりのいいもので、お子さんが好きなものをたべさせましょう。

口の中が痛いなどで食事ができないときは、プリン、ゼリーやアイスクリーム、とうふや冷たいポタージュスープなどのどごしがよくて、しみないものでお子さまが好きなものを与えてあげてください。

かかると大変な夏風邪、予防するにはどうしたらいい?

こういった病気の予防方法は、新型コロナの感染予防と同じです。

いつものように、手洗い、うがいをしっかりすることが大事です。
また、よく食べて、よく眠り、規則正しい生活をして体の抵抗力を高めておきましょう。

参考文献  小児の薬の使い方・選び方  南山堂

-子育てClass
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2022 薬局セブンファーマシー Powered by AFFINGER5