子育てClass

夏の水分、どんなものをとればいい・・・?

夏、本番!

スポーツの祭典の熱戦も報じられる中、日本の暑さは尋常じゃないと、海外メディアも悲鳴を上げています。

長年日本に住んで鍛えられた私たちでも、真夏の水分補給はテクニックが必要ですね。

夏、のむべきものとして、経口補水液、スポーツドリンク、塩の入ったもの、麦茶、お水などなど、様々なものが身近にあると思います。

皆さんは、それぞれの飲み物の役割を区別して、使い分けられていますか?

経口補水液とは・・・

熱中症対策として、経口補水液がCMでもおなじみかもしれません。

経口補水液は、脱水症のための食事療法(経口補水療法)に用いる病者用食品です。

スポーツドリンクよりも電解質濃度が高く、また水と電解質の吸収を速めるために、スポーツドリンクと比べて糖濃度は低い組成となっています。ちょっと甘くない・塩からいと感じる方が多いかと思います。

脱水症ではない段階の水・電解質補給であればスポーツドリンクでも十分です。

軽度から中等度の脱水症には、経口補水液が適しています。

  • 感染性腸炎
  • 感冒による下痢・嘔吐
  • 発熱を原因とした脱水症高齢者の経口摂取不足を原因とした脱水症
  • 過度の発汗を原因とした脱水症脱水を伴う熱中症

経口補水液は、脱水症のための食事療法として用いるものであり、脱水症でない方が普段の水分補給として飲むものではありません。

また、一般的な飲料よりもナトリウム、カリウム等の電解質量が多いので、高血圧の方や腎機能が低下している方は医師にご相談ください。

参考:大塚製薬「OS-1」https://www.os-1.jp/

小さいお子さんには、乳幼児用ORSを選んで!

小児科の患者さんには、薬局でお買い求めいただく機会が多い製品です。

こちらは、乳幼児期の患者さんで、経口補水液が必要な脱水症状を起こすような状況(発熱、下痢、嘔吐など)の方に適した病者用食品です。

つかいみちも経口補水液と同様です。

スポーツドリンクとは・・・

スポーツドリンクは各社工夫を凝らして、スポーツの時に必要な美味しくカロリーのあるものを作っています。

そう、スポーツドリンクには糖質が含まれています。これは、汗をかいたあと、腸から身体の中へすみやかに水分を吸収するのに必要な成分です。

公益財団法人日本体育協会は「スポーツ活動中の熱中症予防ガイドブック」の中で、「1時間以上の運動をする場合には、4~8%程度の糖質を含んだものが疲労の予防だけでなく水分補給効果にも役立ちます」としています。

スポーツのように、たくさん汗をかくときに飲む飲料は、エネルギー補給だけでなく、水分の吸収スピードのためにも糖質を含んだ飲料が適しています。

一方、飲料メーカーのスポーツドリンクブランドには、汗をかいていない日常のシーンに適したイオンバランスで作られている製品もあります。

つまり、たくさん汗をかくわけではない、夏の普段の生活で失われた水分とイオン(電解質)をバランスよく補給する目的であれば、糖質が少ない製品を選べばよいのです。

熱中症対策には・・・?

暑い日の屋外や、暑くなる職場など、暑さ基準(WBGT値)を超える状況のなかで熱中症を予防する目的で飲むものには、100mlあたり0.1~0.2gの食塩が含まれているものが勧められています。

この熱中症対策を目的とした清涼飲料水も、たくさんそろっています。

20~30分ごとにカップ1~2杯ほど飲むことが望ましいとされています。

適切な量をこまめにとることが重要です。

お茶だって、優秀です!

夏の飲み物といえば、麦茶。

麦茶には、汗で失われるナトリウムやカリウムなどのミネラルが含まれており、またカフェインが含まれていないのでたくさんのむことができます。

麦茶にさらに塩を追加して飲む習慣もあります。

麦茶は、夏の渇きを癒す、砂糖を含まない飲み物としては理想的なのです。

また、水出し緑茶も夏には爽やかな楽しみです。水で出すことによって、雑味がなくカフェインの少ないお茶を楽しむことができます。

夏の飲み物、それぞれの使い分けがおわかりいただけましたでしょうか。

上手に水分を摂って、暑い夏を快適に過ごしましょう。

中高生のみなさん、保護者の方々には…

セブンファーマシーブログの他の記事もぜひご覧ください!

-子育てClass
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

© 2022 薬局セブンファーマシー Powered by AFFINGER5