自分のことは自分で守ろう~セルフメディケーションのススメ~

夏バテ防止は「胃を冷やさない」ことから始まります!

梅雨の大雨で大変ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

大雨の季節が終わると、いよいよ暑い夏がやってきますね。

有名なコーヒーショップの美味しそうなフラッペ・・・冷たくて甘くておいしそうなんですが、わたしにはちょっと手が出せない理由があります。

おなかを冷やすと何が起きる・・・?

冷たい食べ物を摂って胃を冷やすと血液が胃の周辺に集まってきてその温度を回復させようとします。

このとき、温かい血液が冷たい胃に熱を奪われて、血液の温度が下がります。これが冷たいものを食べると身体が涼しく感じる原理です。

ところで胃腸が適切に働くには、必要な温度があります。常に冷たいものを摂っていると、胃腸は十分動くことができません。

冷えるたびに胃腸を温めなおす、そのため必要以上にエネルギーを使って熱を作り出すのですが、熱をつくるのには時間もかかります。

胃腸が十分機能しないと、食物からの栄養吸収機能が落ちて、十分な栄養を摂取できなくなります。

こうして食べ物が適切な時間以内に消化しきれずいつまでもおなかの中にあると、おなかを壊しやすくなります。

補うことが大事

夏の胃腸の不調には、冷えは禁物です。夏の暑さをしのぐためにも、冷たいものを摂った後は、ぜひ温かいもので補ってください。

たとえば、冷たいアイスクリームは、温かい苦いコーヒーとともに。

素麺には身体を温めるショウガを添えて、温かい香ばしいお茶でシメるのも楽しいものです。

運動後等で身体を冷やす必要があるとき以外は、氷抜きののみもの、冷やしていないペットボトルを上手に利用しましょう。

また、お医者さんでもらうお薬には胃酸を抑えるお薬が良く使われていますが、夏バテで胃がもたれるときには、胃の動きが落ちていることが多いため、健胃薬が効果的です。

健胃薬とは、香りや苦みを利用して唾液を分泌させたり胃の運動や分泌を促して消化を促進するお薬です。

健胃薬の香りは、ハッカや、ウイキョウ・ケイヒ・サンショウなどの食品由来の香辛料のものです。

スパイスを効かせ辛味を程よく調節したカレーやアジア料理などは、暑い季節に温かいもので胃腸の働きを弱らせずに栄養摂取できる献立として理にかなっています。

上手に普段の食卓にも取り入れて、夏を乗り切りましょう。

夏の水分摂取についてもっと詳しく知りたい方には…

セブンファーマシーブログの他の記事もぜひご参考になさってくださいね!

-自分のことは自分で守ろう~セルフメディケーションのススメ~
-, , , , , , , , ,

© 2022 薬局セブンファーマシー Powered by AFFINGER5