自分のことは自分で守ろう~セルフメディケーションのススメ~

中学生のみんな、ワクチンどう思ってる?

中学生のみんな、こんにちは。薬剤師のなっちゃんです。

薬剤師なっちゃん
夏休みと変わらず安心して過ごせていますか

学校生活ちょっと変わりましたよね。

いままでと違うこと、たくさん頑張ってますよね

2学期が始まって、給食の再開まで期間があったり遠隔授業が始まったり

高校や大学とおなじく、中学校も新型コロナウイルス感染症への対策をとりながら

勉強の質を下げない方法をさぐっています。

本当にみんな、よく頑張ってなじもうとしてくれてますよね。

 

きっと、ときどき、いつまでこの生活続くのかなとか、

いつかもとの生活に戻れるのかな、とか考えますよね。

ほんと、難しい問題です。

 

薬剤師なっちゃん
おとなも考えてますが、おとなでも答えはなかなか出せないです。

そして、それがあとからみて正解なのかどうかも全然わかりません

 

いまは、いま考えられる最善と思うことを

ひとりひとりが、みんなと考えて実行していく

そんなときなのでしょう。

 ワクチンとはなんだろう

ワクチンって、どういう目的で使うものか、わかりますか。

 

18世紀、世界で初めて、天然痘のワクチンである「種痘」の手法を、

ジェンナーが開発しました。

歴史や理科で習ったことがあるのではないでしょうか。

ワクチンは、免疫の反応を誘導するものです。

身体の免疫細胞が病原体を覚えて、身体全体を防御できるようになることが免疫の誘導です。

薬剤師なっちゃん
免疫の誘導は、病原体が侵入することでも起こるのですが、

病原体が侵入してからだいたい1週間から2週間と、時間がかかります

ワクチンは病原体の成分を利用して、身体に病原体の情報を先に覚えさせることができます。

もしも本物の病原体が侵入してきたときにも、身体がちゃんと防御できるようになります。

みんなが赤ちゃんのころには、

BCG、ポリオ、ジフテリア、百日咳、破傷風、麻疹、風疹のワクチンを受けています。

他にも、水ぼうそう、日本脳炎、中学校に入る前に2種混合を受けましたよね。

それから、毎年インフルエンザのワクチンを受けている人もいます。

さらに中学生の女子はHPVワクチンを受けることが推奨されています。

これは世界から子宮がんを撲滅できる可能性がある、すごいワクチンです。

 

ときどき誤解されるのですが、

新型コロナウイルスワクチン接種後に発熱するのは、

軽いコロナ感染症に罹った状態だからではありませんよ。

この発熱は、身体の免疫細胞がウイルスの表面タンパク質を覚えるときの反応なのです。

とはいえ、ワクチンを打つのがコワイかたもいますよね。

よくしらない薬を身体に入れることが心配だと、不安ありますよね。

薬剤師なっちゃん
「このワクチンを打てば、友達や、家族が安心できるようになりますか?」
そう、家庭内での感染がワクチンを打てば減らせる

誰かにうつしたり、誰かからうつされたりする確率が

9割減らせるといわれてるよ。

家にいる時間はほっと安心していたいよね。

安心して看病したり、穏やかに過ごしたりできるようになるよ。」

薬剤師せぶんちゃん
薬剤師なっちゃん
ワクチンなしでこれまでのような感染対策をしていても、ダメなんですか?」
「ワクチンを打つことで、身体がコロナに負けないように闘えるようになることが大きな効果だよ。

これまでの感染対策は、安全運転みたいなもの。事故を起こさないためには大事なことだね。

でも、この感染対策だけで感染力の強い変異株と闘うのは難しかったんだ。

ワクチンは、シートベルトみたいなもの。事故が起きた時にダメージを最小限にくい止めるものだよね。

安全運転もシートベルトも、どちらも大事なのと同じで、

感染対策もワクチンも、どちらも大事なんだよ。」

薬剤師せぶんちゃん

接種券がやってきて・・・

新型コロナウイルスワクチンについて、手元に「接種券」が来ましたよね。

あなたもワクチンを打つことができます。費用はかかりません。区市町村が負担します。

 

 

薬剤師なっちゃん
「ワクチンで、ひとりでは戦い切れないコロナウイルスに、

 みんなで力を合わせて戦うことができるんですね。」

「そう、集団免疫といって

 ワクチンを打つ人がたくさんいるだけで

 ワクチンを事情で打てない人を

 ワクチンを打った人が守ることにもなるんだよ。」

薬剤師せぶんちゃん

薬剤師なっちゃん
「接種券って 新しい時代にあなたも備えましょうって

 招待状みたいなものですね。」

 

こどもがワクチン接種する意義について専門家はどう考えているのでしょう。

大阪大学医学部附属病院感染制御部教授の忽那賢志さんは、

Yahoo!ニュースの記事で下記のように答えています。

「子ども自身にとってはワクチン接種する意義は

 大人と比べて相対的に低いといえます。

 では他に子どもが接種する意義にはどのようなものがあるのでしょうか。

 

 最大の意義は、周りに感染を広げにくくなることでしょう。

 

 当初、mRNAワクチンは「発症を防ぐ」のであって

 感染そのものを防ぐかどうかは分かっていない、と言われていましたが、

 感染を防ぐ効果も分かってきました

 

 感染しにくくなるということは、

 接種者がその周りの人に感染を広げる可能性が低くなります。」


Yahooニュース:忽那賢志「子どもは新型コロナワクチンを接種した方が良い? 接種するメリットとデメリット」https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20210829-00255475

 

悩んでも答えが出ないときは専門家に聞いてみよう

中学生のみんなは、なんでも自分一人でできるようになることが、

おとなになることだと思っているかもしれませんが、

おとなになるほど、自分ひとりでできないことがあったとき

いろんな人に頼れるようになります

 

薬剤師なっちゃん
どんな人に頼れば、よりよい判断にたどり着けるか、

頼れる人の数が多いほど、ひとりでできることの幅が広がっていきます

おとなになっていく過程って、

頼られたときに適切に人を助けられることと同時に、

信頼して頼れる人の数を増やしていくことなのだと思います。

中学生なら自分の身体のことは自分で決定できる力が備わっています。

「ワクチン受けたほうがいいかな、どうしたらいいんだろう。」

学校の保健の先生や、スクールカウンセラーの先生、小児科の先生、薬剤師・・・

こんなあなたの疑問を、専門家に直接質問してみませんか。

「副反応のことや、自分の身体にとって安全なものなのかどうか、

 不安に感じるときは、薬剤師や、周りで打ったことのある人、

 先生に気軽に尋ねてほしいね。」

薬剤師せぶんちゃん
薬剤師なっちゃん
「薬局に 中学生のみなさんが来てくれて

 気になることを聞いてくれたら

 すごくうれしいですね。」

質問したくても、どんなことがわからないか
・・・自分でもよくわからないこともあるよね!

よかったら薬局セブンファーマシーブログ記事を読んでみて
「そうそう!そういうことがわからないんだ!」が見つかるかも☆

 

-自分のことは自分で守ろう~セルフメディケーションのススメ~
-, , , , ,

© 2022 薬局セブンファーマシー Powered by AFFINGER5